伸芽会 大堀秀夫先生の思い出の茶会

2018年5月23日、幼児教室 伸芽会創立者 大堀秀夫先生の思い出の茶会を、くにたち小野ビルの茶室で行いました。

1969年7月、私が24歳の時に縁あって伸芽会に勤務し、2年半の間、大堀秀夫先生には大変お世話になりました。1971年3月大隈会館で催された結婚式では、主賓として心温まるスピーチもしてくださいました。

結婚式での大堀秀夫先生

大堀秀夫先生     小野忠男      小野節子

私が、今日あるのも大堀秀夫先生のおかげで、いつも感謝の気持ちでいっぱいでおります。

今回のお軸は、文化勲章受章者の澤田政廣氏による、鍾馗様の絵です。
鍾馗様は、端午の節句に子どもが健やかに育つことを願って、飾られます。学業成就に効があり、子どもの守り神と言われています。
大堀秀夫先生はまさに、子どもの成長を見守る、守り神そのものだったと思います。

今回の茶会には、NHK番組「おかあさんといっしょ」「なかよしリズム」の元ディレクターで元東京家政学院大学教授の五十野惇先生、サックス奏者の坂田明奈さん、「たきび」「ふしぎなポケット」の作曲家の渡辺茂さんと私で作った童謡を歌ってくださっている、童謡歌手のかんなみ まどかさん、伸芽会時代の教え子の杉山京子さんも参加されました。

坂田明奈さん      杉山京子さん   かんなみ まどかさん
本多宗歩先生の点てくださったお茶を、恩師 大堀秀夫先生への感謝の気持ちで、友人、教え子の皆さんと共に、美味しくいただきました。

前列右端が五十野惇先生、右から2番目が本多宗歩先生