「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の作曲者、大中恩さんの思い出の茶会

「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の作曲者、大中恩先生から、毎年、コンサートの招待状を頂き、妻の節子と楽しんできましたが、昨年の12月3日、大中恩さんが94歳でお亡くなりになり、今年は寂しく感じております。

くにたち小野ビルの茶室の名前を、「恩潔忠庵」と名付け、大中恩さんが「恩」を、元国務大臣の小澤潔さんが「潔」を、小野忠男が「忠」を、一文字ずつ書いたことも、懐かしい思い出です。

 

     大中恩さん      小澤潔さん       小野忠男    

       2008年7月22日 ホテルオークラにて

f:id:onotadao:20190821145700j:plain


今回の茶会は、大中恩さんの思い出の茶会と題して、本多宗歩先生の点ててくださるお茶を、美味しくいただきました。

お軸は、大中恩さんのお人柄を思い浮かべて、「天衣無縫」といたしました。

 

今回の茶会には、私の友人でNHKテレビ「おかあさんといっしょ」「なかよしリズム」海外取材番組「童話の国々」などの元ディレクターで、元家政学院大学教授の五十野惇先生、サックス奏者の坂田明奈さん、ピアニストの星野梨沙さん、友人の上妻紘人さん、学生の喜多唯千香さん、喜多皓美さんも参加してくださいました。
若い世代の方にも、私の大中恩さんへの感謝の気持ちを伝えてゆければと思っています。

          小野忠男      本多宗歩先生     五十野惇先生

 

大中恩さんと、『親子で楽しむ童謡集第3集』(にっけん教育出版社 発行)を作るにあたり、2005年4月から2008年7月にかけて、都内のホテルで座談会を重ね、「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」が、どのように生まれたのか、など、貴重なお話をたくさんお聞きしました。

f:id:onotadao:20080920182734j:plain

       大中恩さん             小野忠男

 

アーティストの片山有美子さんに対談時の映像編集を依頼し、五十野惇先生のご指導のもと、現在、対談映像を制作中です。
童謡文化の発展に、少しでも貢献できればと願っております。

 

にっけん児童図書出版文化賞の思い出

1994年、児童文学、絵本文化の発展を願い、児童文学作家の松谷みよ子さんとご相談して、にっけん児童図書出版文化賞をつくり、3年に一度、児童図書の編集の分野で顕著な功績のあった編集者に賞をお贈りしました。

 

第1回は、偕成社の元取締役編集長で、『まちんと』(松谷みよ子・文/司修・絵)などの編集で知られる相原法則さんに贈呈いたしました。第1回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802155444j:plain

1994年6月27日 吉祥寺東急インにて

 

第2回は、編集プロダクション恒人社の編集者で、『まど・みちお全詩集』の編集者でもある伊藤英治さんに贈呈いたしました。第2回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802155758j:plain

1997年5月8日 吉祥寺東急インにて

 

第3回は、大日本図書の元取締役書籍部長で『てんぷらぴりぴり』(まど・みちお第一詩集)などの編集で知られる保坂重政さんに贈呈いたしました。第3回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802160042j:plain

2000年5月25日 帝国ホテル(東京)

 

 第4回は、岩崎書店の編集長、社長、会長を歴任し『花さき山』(齋藤隆介・文/滝平二郎・絵)や『戦火の中の子どもたち』(いわさきちひろ)などの編集で知られる小西正保さんに贈呈いたしました。第4回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802160530j:plain

2003年7月8日 帝国ホテル(東京)にて

 

第5回は小峰書店の社長・社団法人日本書籍出版協会理事長で、『ひろしまのピカ』(丸木俊・文/絵)『風の神とオキクルミ(萱野茂・文/齋藤博之・絵)など多数の話題作の編集・出版を手掛けてこられた小峰紀雄さんに贈呈いたしました。第5回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802160833j:plain

2006年5月22日 帝国ホテル(東京)にて

 

また、2009には、絵本および児童文学の分野において、優れた業績をあげられた杉浦範茂さんに、第1回にっけん小野児童出版文化賞を贈呈いたしました。

f:id:onotadao:20190802161048j:plain

2009年2月15日 帝国ホテル(東京)にて

 

児童文学作家の松谷みよ子さんには15年以上にわたり、ご相談にのっていただき、また贈呈式には毎回ご出席いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

児童文学作家の岩崎京子さん、宮川ひろさんも、度々、贈呈式に足をお運びいただき、大変感謝しております。

昨年の12月には、岩崎京子さんから『花のお江戸の蝶の舞』岩崎京子・作 / 佐藤道明・絵 (2018年10月26日発行)をお送りいただき、またお電話もいただき、お元気なご様子で安心いたしました。

健康に十分気をつけられますよう、祈念しております。 

 

松谷みよ子さんに関するブログ

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

 

岩崎京子さんに関するブログ

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

 

 

にっけん小野童謡文化賞の思い出

にっけんでは1999年に、童謡文化の発展を願い顕著な功績のある作曲家の方に、にっけん小野童謡文化賞を贈ることになりました。
第一回にっけん小野童謡文化賞を、童謡「たきび」「ふしぎなポケット」の作曲者の渡辺茂氏に、2004年に第二回にっけん小野童謡文化賞を「あめふり くまのこ」「おはなしゆびさん」の作曲者の湯山昭氏に、2006年には第三回にっけん小野童謡文化賞を、「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の作曲者として知られる大中恩氏に贈呈いたしました。

f:id:onotadao:20190802164120j:plain

1999年7月8日 渡辺茂さんのご自宅にて

f:id:onotadao:20190802164450j:plain

2004年1月19日 帝国ホテル(東京)にて

f:id:onotadao:20190802165002j:plain

2006年1月16日 帝国ホテル(東京)にて

第二回、第三回のにっけん小野童謡文化賞には、児童文学作家の松谷みよ子さん、岩崎京子さん、宮川ひろさんも来てくださり、帝国ホテルで楽しい会話のひとときを過ごしました。

 

贈呈後、対談を重ね、渡辺茂さんは21曲、湯山昭さんは20曲、大中恩さんは30曲、それぞれ私の詩を作曲してくださり、『親子で楽しむ童謡集』シリーズとして出版いたしました。

親子で楽しむ童謡集〈第1集〉

親子で楽しむ童謡集〈第1集〉

 
親子で楽しむ童謡集〈第2集〉「あめふりくまのこ」「おはなしゆびさん」の作曲者湯山昭特集

親子で楽しむ童謡集〈第2集〉「あめふりくまのこ」「おはなしゆびさん」の作曲者湯山昭特集

 
親子で楽しむ童謡集〈第3集〉

親子で楽しむ童謡集〈第3集〉

 

 

なお、童謡集は私の母校の早稲田大学の図書館から、学術研究上、大変貴重な資料であるとのお便りをいただき、寄贈いたしました。
その他、全国の数百の図書館でも注文があったようです。
渡辺茂さん、湯山昭さん、大中恩さんと作った童謡をプロの歌手の方が歌ってくださっている映像も最近見つけました。
ぜひご覧になって、お楽しみいただければ幸いです。

 

「ふうりん」小野忠男 作詩 / 渡辺茂 作曲『親子で楽しむ童謡集 第1集』より

www.youtube.com

 

「おばけとあそぼう」小野忠男 作詩 / 渡辺茂 作曲『親子で楽しむ童謡集 第1集』より

www.youtube.com

 

「パパ ママ ぼく」小野忠男 作詩 / 湯山昭 作曲『親子で楽しむ童謡集 第2集』より

www.youtube.com

 

「かがみのあかちゃん」小野忠男 作詩 / 湯山昭 作曲『親子で楽しむ童謡集 第2集』より

www.youtube.com

 

「あめのうた」小野忠男 作詩 / 大中恩 作曲『親子で楽しむ童謡集 第3集』より

www.youtube.com

 

「このひとだれだ」小野忠男 作詩 / 大中恩 作曲『親子で楽しむ童謡集 第3集』より

www.youtube.com

 

渡辺茂さんに関するブログ

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

 

湯山昭さんに関するブログ

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

 

大中恩さんに関するブログ

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

 

岸信介元総理大臣との思い出

 

f:id:onotadao:20190614171305j:plain

左 小野忠男(37歳) 右 岸信介さん(86歳)

 当時、現総理大臣の安倍晋三さんの、お父様の安倍慎太郎さんが外務大臣をなさっていた折、何かのお祝いの会があって、渋谷にあった安倍晋太郎さんのご自宅に、友人で医師の杉山正憲先生、奥様の仁子さん、お嬢様の京子さんたちとお伺いしたことがありました。

 安倍晋太郎さんの義理のお父様であった岸信介元総理大臣もいらしていてお話しする機会がありました。

 岸信介さんは、盛んに「あの時解散しておけば良かった」と悔いておられました。本当に総理大臣の時に解散しておけば良かったと思うことがあったのだなぁ、としみじみと思いました。

 

 安倍晋太郎さんのご自宅には、お祝いという事で、お庭にお寿司屋さんが小さなお店を出していて、岸信介さんが近くの人に「まぐろの握りをもらって来てください」というと、そばでお寿司を握っていた職人さんにも、その声が聞こえたようで、「岸さんにこちらへきて食べてほしい。握ってすぐその場で食べるのと、そちらへ運んで食べるのでは味が違うので。」と言いました。岸さんは「では」といって歩いてそちらへ向かわれました。

 

 そんなこともあって、私はお寿司というと、出来るだけカウンターで食べるようにしております。

 

 当時86歳だった岸さんは「長生きだけは、真似してくださいね」と優しく仰って下さったのを、よく覚えております。

 

 現総理大臣である安倍晋三さんも、小さい頃より、祖父である岸信介さんのお話をたくさん聞いて育っていらっしゃることでしょう。

 

 何代にもわたって受け継がれる教育の大切さを、痛感する今日この頃です。

f:id:onotadao:20190614171318j:plain

左 安倍晋太郎さん(59歳)  右 小野忠男(37歳)

f:id:onotadao:20190614153457j:plain

左 杉山京子さん 右 安倍晋三さん

 

福沢諭吉の自立心と生活力

 

f:id:onotadao:20190320160856p:plain

 今回は、福沢諭吉と買い物についてお話させていただきます。

当時の侍、江戸時代末期では、自分で買い物に行くのは恥ずかしいという風習があり、暗くなってから頬かむりをして買い物にいったものでした。

 諭吉はこの頬かむりが大嫌いで、自分の家のお金を使うのにどうして顔を隠すのだ、と昼間から堂々と頬かむりをせず酒や醤油や油を買いに行きました。当時としては考えられないことだったでしょう。

 ある時、諭吉のお兄さんが「将来何になるつもりだ?」と諭吉に尋ねたところ、諭吉は「大金持ちになって、思う存分お金を使いたいと思います。」と答えました。このような発想、答えは「自分で買い物をする」という生活をしている子供でなければ考えられないことではないでしょうか。

 現代は、スーパーやデパートでの買い物が多くなってまいりました。日々の生活においても、子どもが自分で野菜や果物、お菓子などの買い物をして、お金を使う機会を与えてあげてください。そうすれば、子どもたちの自立心が養われることでしょう。次世代を担うリーダーは日々のそうした家庭生活から育っていくものだと考えております。

 
小野忠男の幼児教育コラム6・福沢諭吉「自立心・生活力!」


小野忠男の幼児教育コラム6・福沢諭吉「自立心・生活力!」

ソプラノ歌手 森野美咲さんの歌声を再びお聴きして感動!

 昨年の12月1日に、NHK Eテレで「第87回日本音楽コンクールドキュメント」声楽部門で第1位の、森野美咲さんの歌声をテレビで拝見し、感銘を受けました。この3月7日は、「第87回日本音楽コンクール受賞者発表演奏会」が開催される会場の東京オペラシティへ伺い、森野さんの歌声を拝聴し、妻の節子と、より深く感動いたしました。

f:id:onotadao:20190319143458j:plain

 

 その後、近くのお店で美咲さんと、美咲さんのお母様、伯母様、妻と私とで、美咲さんを囲んで、楽しい会話のひとときを過ごしました。

 

f:id:onotadao:20190308172400j:plain

左奥 小野節子      中央 森野美咲さん    右奥 森野美咲さんのお母様
左 小野忠男                   右手前 森野美咲さんの伯母様

 

 

 森野美咲さんは、私の伯母である森野静代さんの曾孫にあたる方です。森野静代さんは、お茶、お琴、華道を嗜む才媛で、岡山県の “高梁小町”と呼ばれていたそうです。
 私も毎月、お茶を友人と楽しみ、童謡作りもしておりますので、ソプラノ歌手の森野美咲さんと、どこか不思議な血の繋がりを感じております。

 

 1月には帝国ホテルで美味しいお寿司を頂き、喫茶室にて、オーストリアでの生活やオペラのお話を拝聴し、有意義な時間を過ごしました。

f:id:onotadao:20190308174400j:plain

小野忠男     森野美咲さん    フローリアンさん

f:id:onotadao:20190312163124j:plain

フローリアンさん  小野節子        森野美咲さん  小野忠男

(2019年1月23日 帝国ホテル ロビーにて)

 

 

 今年は、今回のコンクールで受賞された皆さんと一緒に、全国をまわられるようですが、日本中のみなさんに、森野美咲さんの美しい歌声を聴いていただけるという事で、私も大変嬉しく思っております。

 

 森野美咲さんの今後の更なるご活躍を祈念いたしております。

 

f:id:onotadao:20190308173918j:plain

2018年11月20日(火) 毎日新聞の記事より





児童文学作家 松谷みよ子さん、岩崎京子さん、宮川ひろさん、感謝の茶会

 

f:id:onotadao:20190220154518j:plain

  後列左 小野忠男    中央 相原法則さん   右 福田菊子さん

  前列左 岩崎京子さん  中央 松谷みよ子さん  右 宮川ひろさん

  (2002年8月3日撮影)

 

 今年も2月27日(水)に、児童文学作家の坪田譲治氏の書を掛軸として、「松谷みよ子さん、岩崎京子さん、宮川ひろさん、感謝の茶会」を、くにたち小野ビルの茶室で催しました。

 

 にっけんで、 『いないいないばあ』(童心社)『ちいさいモモちゃん』(講談社)で知られる松谷みよ子さんには、『いっすんぼうし』を、岩崎京子さんには、『したきり すずめ』、宮川ひろさんには、『つるのおんがえし』を書いていただくなど、長年にわたり親しくさせていただきました。

 

 また、「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の作曲者の大中恩さんに、にっけん小野童謡文化賞を贈呈した際も、お祝いに来てくださるなど、懇意にしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

f:id:onotadao:20190220154446j:plain

大中恩さん、にっけん小野童謡文化賞授賞式(2006年1月16日撮影)

相原法則さん、松谷みよ子さん、大中恩さん夫妻、小澤潔さん夫妻、小野忠男、岩崎京子さん、宮川ひろさん

 

 今年も本多宗歩先生の点ててくださるお茶を、友人・教え子の皆さんといただきながら、感謝のひとときを過ごしました。

 

 今回の茶会には、学生の喜多唯千香さん、喜多美琴さんも参加してくださいました。若い世代にも、私の感謝の気持ちを伝えてゆければと願っています。

 

f:id:onotadao:20190227184728j:plain

       前列中央 小野忠男 本多宗歩先生 五十野惇先生

 


『小野忠男の友人コラム 松谷みよ子さん、岩崎京子さん、宮川ひろさん感謝の茶会』本多宗歩先生、五十野惇、坂田明奈、杉山京子 、本間藍子、片山有美子、星野梨沙、遠崎高平、喜多唯千香、喜多美琴

 

 

 

いっすんぼうし (日本むかしばなし絵本)

いっすんぼうし (日本むかしばなし絵本)

 

 

 

したきりすずめ

したきりすずめ

 

 

 

つるのおんがえし (にっけんの日本むかしばなし絵本)

つるのおんがえし (にっけんの日本むかしばなし絵本)