松谷みよ子さん、四国こんぴら歌舞伎の思い出の茶会

1997年5月23日、『いないいないばあ』(童心社)『ちいさいモモちゃん』(講談社)『いっすんぼうし』(にっけん教育出版社)などで知られる、児童文学作家の松谷みよ子さんと、四国のこんぴら歌舞伎を観に行きました。

f:id:onotadao:20200219160233j:plain

1997年5月23日 四国こんぴら歌舞伎

 松谷みよ子さんのお孫さんが、歌舞伎に出演なさるということで、羽田空港からご一緒しました。

私の孫も、昨年8月に能舞台に出演しました。

その時に、松谷みよ子さんは、こんな楽しい気持ちで観劇なさったのだなと思いました。

f:id:onotadao:20200219160214j:plain

左から2番目 小野忠男 松谷みよ子さん

 

金毘羅宮も参拝し、讃岐うどんも食べ、とても楽しい時間を過ごしました。

f:id:onotadao:20200219160222j:plain

一番左から 小野忠男 松谷みよ子さん

2月15日が、松谷みよ子さんの誕生日でいつも一緒にお祝いしておりましたので、今年も、松谷みよ子さんの師である坪田譲治の書「心の遠きところ花静かなる田園あり」をお軸として、楽しい茶会の時間を過ごしました。

f:id:onotadao:20170224130956j:plain

              松谷みよ子さん     小野忠男

f:id:onotadao:20200219065919j:plain

             中央 小野忠男  本多宗歩先生 五十野惇先生

今回の茶会では、友人で、元NHKのディレクター、元東京家政学院大学教授の五十野惇先生、画家の遠崎高平さん、教え子の杉山京子さん、友人の斎藤友香莉さん、本間藍子さん、学生の喜多唯千香さん、喜多美琴さんも参加して、松谷みよ子さんの楽しい思い出を皆さんにお話しながら、本多宗歩先生の美味しいお茶をいただきました。


『小野忠男の気の合う友人コラム その16お茶を楽しむ~松谷みよ子さん 四国こんぴら歌舞伎の思い出~』本多宗歩先生 、五十野惇、斉藤友香莉、遠崎高平、杉山京子、片山有美子、本間藍子、喜多唯千香、喜多美琴

 

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

 

 

ちいさいモモちゃん (講談社文庫)

ちいさいモモちゃん (講談社文庫)

 

 

 

いっすんぼうし (日本むかしばなし絵本)

いっすんぼうし (日本むかしばなし絵本)

  • 作者:松谷 みよ子
  • 出版社/メーカー: にっけん教育出版社
  • 発売日: 2008/07/01
  • メディア: 大型本
 

 

 

謹賀新年

本年も宜しくお願い申し上げます。

今年のお正月は、妻の節子と小豆島へ行き、神社に参拝し、子どもたちやご父母、先生方、にっけん全体の成功と発展をお祈りいたしました。

 

三日は、毎年恒例の小野家新年会を、四ツ谷ホテルニューオータニ 寿司店 久兵衛で催しました。

 

家族みんなで笑顔でお寿司を美味しくいただき、新年をお祝いいたしました。

 

f:id:onotadao:20200108152524j:plain

右から3番目 小野和俊 右から2番目 小野忠男

 

f:id:onotadao:20200108153228j:plain

 

今年も皆様のご健康、ご多幸を祈念申し上げます。

 

杉山京子さん還暦祝いの茶会

f:id:onotadao:20191227160904j:plain

     杉山京子さん                        小野忠男

       八王子の小野忠男の自宅でのクリスマス会  1975年12月25日


私が24歳で、伸芽会(幼児部、小学部)に就職し、荻窪教室の教師をしていた時に、そこに生徒として通っていた杉山京子さん、当時10歳だったと思います。
あれから50年が経ちますが、今年はネパール、南イタリアを一緒に旅行するなど、親しくお付き合いさせて頂いております。 

f:id:onotadao:20191224150034j:plain
f:id:onotadao:20191224150449j:plain

    小野忠男 杉山京子さん 小野節子      小野忠男 杉山京子さん 小野節子

      2019年4月 ネパール旅行          2019年11月南イタリア旅行

 


掛軸は、文化勲章受章者の北村西望の書「至誠之大成」です。

f:id:onotadao:20191227144711j:plain

「至誠之大成」北村西望


また、12月に購入しました画家の熊谷守一の「天地有情」の書も飾らせていただきました。

f:id:onotadao:20191225170121j:plain

天地有情熊谷守一

 

杉山京子さんは、水泳の練習を毎日行って、今ではベストスイマーとしてご活躍されております。
還暦の祝いは、1回目は南イタリア、2回目は都内のホテル、今回の茶会で3回目となります。
今回の茶会では、友人で、元NHKのディレクター、元東京家政学院大学教授の五十野惇先生、喜多貴子さん、サックス奏者の坂田明奈さん、アーティストの片山有美子さん、友人の本間藍子さん、喜多唯千香さん、喜多皓美さんも参加して、本多宗歩先生の美味しいお茶をいただきながら、還暦のお祝いをいたしました。

杉山京子さんが、古希、米寿、百寿まで、いつまでも元気で長生きして、水泳にゴルフに、お茶の会に、心豊かな人生を送っていただければと思います。

 

f:id:onotadao:20191226185914j:plain

         五十野惇先生  小野忠男  杉山京子さん 本多宗歩先生

            2019年12月26日 くにたち小野ビル茶室にて

 

 


『小野忠男の気の合う友人コラム その15~杉山京子さん還暦祝いの茶会~』本多宗歩先生 、小野忠男、小野節子、五十野惇、西村民子、寺田都子、喜多貴子、坂田明奈、片山有美子、本間藍子、喜多唯千香、喜多皓美

“「サッちゃん」(阪田寛夫 作詩 大中恩 作曲)の誕生の秘話"の映像が完成いたしました。

f:id:onotadao:20191220151604j:plain  f:id:onotadao:20191220151526j:plain

           大中恩さん 直筆

子どもたちに夢と喜びと愛の心をはぐくみたいという願いから、私どもでは『親子で楽しむ童謡集』を編纂、出版いたしております。
親子で楽しむ童謡集第3集は、「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」「おなかのへるうた」などで知られる作曲家、大中恩さんの特集です。


 この度、大中恩さんとの対談を記録した映像が見つかりました。
NHK番組「おかあさんといっしょ」「なかよしリズム」等の元ディレクター、元東京家政学院大学教授で友人の、五十野惇先生に監修を、アーティストの片山有美子さんに映像の編集、制作をお願いいたしました。


大中恩さんは生前、「歌は、生きる力を呼び起こす魔法の種のようなもの。聞いてくださる方々が、明るい気持ちになるように、音楽でやさしい心を伝えたい」とおっしゃっておりました。
活字だけでは表しきれない、大中恩さんの明るく楽しい、ユーモア溢れるトークを、皆様にお伝えできればと願っております。

2006年4月24日 帝国ホテル内のお店で

f:id:onotadao:20191218152543j:plain

         大中恩さん(当時81歳)      小野忠男(当時60歳)

              2006年4月24日 帝国ホテル内のお店で

 これまでにわたくし共で制作した「たきび」「ふしぎなポケット」の作曲家の渡辺茂さんとの対談映像、「ぞうさん」の詩人のまど・みちおさんとの対談映像とともに、童謡文化の発展に寄与できればと願っております。

 


「サッちゃん」(阪田寛夫 作詩 大中恩 作曲)の誕生秘話。小野忠男、五十野惇、片山有美子、喜多貴子、坂田明奈、本間藍子、杉山京子、上妻紘人。2020年2月改訂。

 


「たきび」「かぜと友だち」小野忠男の童謡文化フォーラム1・作曲家渡辺茂と語る。「たきび」「ふしぎなポケット」の渡辺茂×小野忠男

 


まど・みちおさん「ぞうさん」誕生の真実。まど・みちお×小野忠男

 

ソプラノ歌手 森野美咲さん、ウィーンでのご活躍に感動

11月に、妻の節子、教え子の杉山京子さんと、南イタリア旅行した帰りにウィーン空港に立ち寄り、ウィーンでご活躍のソプラノ歌手の森野美咲さんの歌声の素晴らしさについて妻と話していたところ、なんと、森野美咲さんのお父様、森野啓司さんとご家族の皆さんに、偶然お会いしました。

その際、森野美咲さんとテレビ電話でお話することもできました。

f:id:onotadao:20191203164402j:plain

森野美咲さん、森野啓司さんとご家族の皆さんと (オーストリア ウィーン国際空港にて)

お嬢様の森野美咲さんが、オーストリアのウィーン楽友協会 ブラームスの間で催されたコンサートに出演されたそうで、ご家族でコンサートをご覧になった帰りとの事でした。

f:id:onotadao:20191127161025j:plain

森野美咲さん(ウィーン楽友協会 ブラームスの間でのコンサート)

今年の7月9日、サントリーホールで森野美咲さんの素晴らしい歌声をお聴きして、深い感動をおぼえました。

f:id:onotadao:20191129152230j:plain

f:id:onotadao:20191127163113j:plain

指揮:角田鋼亮さん  森野美咲さん  司会・お話:檀ふみさん  テノールジョン・健・ヌッツォさん
「華麗なるオペラ・アリアの世界with東京交響楽団」 2019年7月9日 サントリーホールにて

 

 コンサートの後、森野美咲さんを囲んで、お父様の森野啓司さん、ご家族のみなさんと帝国ホテルでお寿司を食べながら、楽しい会話のひとときを過ごしました。

f:id:onotadao:20191127165604j:plain

左から4番目 森野美咲さん 右から3番目 森野啓司さん 帝国ホテル 江戸前鮨 なか田 にて 2019年7月9日

 

f:id:onotadao:20191127165856j:plain

        中央左 小野忠男 中央 森野美咲さん 右から3番目 森野啓司さん 

            帝国ホテルのロビーにて 2019年7月9日

 

f:id:onotadao:20191217142053j:plain

2019年12月15日(日) 山陰新聞

 

「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の作曲者、大中恩さん 感謝の茶会

 「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の作曲者、大中恩先生から、毎年、コンサートの招待状を頂き、妻の節子と楽しんできましたが、昨年の12月3日、大中恩さんが94歳でお亡くなりになり、今年は寂しく感じております。

くにたち小野ビルの茶室の名前を、「恩潔忠庵」と名付け、大中恩さんが「恩」を、元国務大臣の小澤潔さんが「潔」を、小野忠男が「忠」を、一文字ずつ書いたことも、懐かしい思い出です。

 

     大中恩さん      小澤潔さん       小野忠男    

       2008年7月22日 ホテルオークラにて

f:id:onotadao:20190821145700j:plain


今回の茶会は、大中恩さん 感謝の茶会と題して、本多宗歩先生の点ててくださるお茶を、美味しくいただきました。

お軸は、大中恩さんのお人柄を思い浮かべて、「天衣無縫」といたしました。

 

今回の茶会には、私の友人でNHKテレビ「おかあさんといっしょ」「なかよしリズム」海外取材番組「童話の国々」などの元ディレクターで、元家政学院大学教授の五十野惇先生、サックス奏者の坂田明奈さん、ピアニストの星野梨沙さん、友人の上妻紘人さん、学生の喜多唯千香さん、喜多皓美さんも参加してくださいました。
若い世代の方にも、私の大中恩さんへの感謝の気持ちを伝えてゆければと思っています。

          小野忠男      本多宗歩先生     五十野惇先生

 

こちらから「大中恩さん  感謝の茶会」の映像をご覧いただけます。


“「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の大中恩さん感謝の茶会”本多宗歩先生、小野隆士、小野忠男、五十野惇、小野節子、尾澤敏子、喜多貴子、坂田明奈、片山有美子、星野梨沙、上妻紘人、喜多唯千香、喜多皓美

 

大中恩さんと、『親子で楽しむ童謡集第3集』(にっけん教育出版社 発行)を作るにあたり、2005年4月から2008年7月にかけて、都内のホテルで座談会を重ね、「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」が、どのように生まれたのか、など、貴重なお話をたくさんお聞きしました。

f:id:onotadao:20080920182734j:plain

       大中恩さん             小野忠男

 

アーティストの片山有美子さんに対談時の映像編集を依頼し、五十野惇先生のご指導のもと、現在、対談映像を制作中です。
童謡文化の発展に、少しでも貢献できればと願っております。

 

にっけん児童図書出版文化賞の思い出

1994年、児童文学、絵本文化の発展を願い、児童文学作家の松谷みよ子さんとご相談して、にっけん児童図書出版文化賞をつくり、3年に一度、児童図書の編集の分野で顕著な功績のあった編集者に賞をお贈りしました。

 

第1回は、偕成社の元取締役編集長で、『まちんと』(松谷みよ子・文/司修・絵)などの編集で知られる相原法則さんに贈呈いたしました。第1回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802155444j:plain

1994年6月27日 吉祥寺東急インにて

 

第2回は、編集プロダクション恒人社の編集者で、『まど・みちお全詩集』の編集者でもある伊藤英治さんに贈呈いたしました。第2回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802155758j:plain

1997年5月8日 吉祥寺東急インにて

 

第3回は、大日本図書の元取締役書籍部長で『てんぷらぴりぴり』(まど・みちお第一詩集)などの編集で知られる保坂重政さんに贈呈いたしました。第3回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802160042j:plain

2000年5月25日 帝国ホテル(東京)

 

 第4回は、岩崎書店の編集長、社長、会長を歴任し『花さき山』(齋藤隆介・文/滝平二郎・絵)や『戦火の中の子どもたち』(いわさきちひろ)などの編集で知られる小西正保さんに贈呈いたしました。第4回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802160530j:plain

2003年7月8日 帝国ホテル(東京)にて

 

第5回は小峰書店の社長・社団法人日本書籍出版協会理事長で、『ひろしまのピカ』(丸木俊・文/絵)『風の神とオキクルミ(萱野茂・文/齋藤博之・絵)など多数の話題作の編集・出版を手掛けてこられた小峰紀雄さんに贈呈いたしました。第5回にっけん児童図書出版文化賞

f:id:onotadao:20190802160833j:plain

2006年5月22日 帝国ホテル(東京)にて

 

また、2009には、絵本および児童文学の分野において、優れた業績をあげられた杉浦範茂さんに、第1回にっけん小野児童出版文化賞を贈呈いたしました。

f:id:onotadao:20190802161048j:plain

2009年2月15日 帝国ホテル(東京)にて

 

児童文学作家の松谷みよ子さんには15年以上にわたり、ご相談にのっていただき、また贈呈式には毎回ご出席いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

児童文学作家の岩崎京子さん、宮川ひろさんも、度々、贈呈式に足をお運びいただき、大変感謝しております。

昨年の12月には、岩崎京子さんから『花のお江戸の蝶の舞』岩崎京子・作 / 佐藤道明・絵 (2018年10月26日発行)をお送りいただき、またお電話もいただき、お元気なご様子で安心いたしました。

健康に十分気をつけられますよう、祈念しております。 

 

松谷みよ子さんに関するブログ

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

 

岩崎京子さんに関するブログ

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com

onotadao.hatenablog.com