2013-01-01から1年間の記事一覧

多摩美の学生さんたちと

12月5日〜12月10日まで、オノ・ギャラリーくにたちにて、多摩美術大学造形表現学部三年生で日本画を専攻している学生さんたちが、グループ展を開催しておられます。今日の午後は、ギャラリーを訪問いたしました。 皆さん、大きな屏風絵や、100号ほどの大作を…

孫の誕生祝い・紀尾井町の福田家で

11月に紀尾井町の福田家さんで、孫の一郎(4歳)、さやか(2歳)の誕生祝いを、両家とともにいたしました。北大路魯山人の器や、モミジの絵のついた大鉢など、大変格調高い美しさに感動しました。 4歳と2歳とはいえ、幼児期から本物の美に触れることは、人…

若い芸術家たち

9月2日から9日まで、美術大学の学生さん6人が、にオノ・ギャラリーくにたちにてグループ展を開催されました。幼児教育を経営している中で、子どもたちにものびのびと絵を描くように指導しておりますが、若い芸術家たちの作品を見るにつけ、改めて、子どもた…

ブルネイを旅行して

8月23日から27日まで、家内の節子と、東南アジアのブルネイ・ダルサラーム国を旅行して参りました。ブルネイはイスラム教国で、私たちも幾つかのモスクを訪れました。また豚肉は食べてはいけない、アルコール類は一切飲まないなど、文化の違いを感じ、大変勉…

『幸福の王子』『わがままな大男』『でんでんむしのかなしみ』

6月某日、あるご夫婦がにっけんに、絵本の購入に来られました。ご夫婦は銀行の待合室で「幸福の王子」「でんでんむしのかなしみ」「わがままな大男」の3冊をご覧になり、感動して購入に来られたということです。今までは図書館で絵本をご覧になり、購入に来…

山中湖旅行

5月19日、20日と、家内と山中湖を旅行してきました。 富士山が6月から世界遺産に登録されるということで、訪れる人も例年になく多いようです。にっけんの子ども達に絵画指導などもしているので、私もスケッチブックに富士山を観た印象を描いてみました。富士…

大相撲を観戦して

先日、35年ほど前に、にっけんで働いていた佐藤恒雄君と一緒に大相撲を観に行きました。 彼は幼い頃から大相撲を何度も観て、親しんできたそうです。 私も小学校2年か3年のときに大相撲を観て、大変感動しました。クラスで大相撲の魅力について発表したり…

あめだま 文・新美南吉 絵・長野ヒデ子

にっけん教育出版社では、幼児の個性・人間性・感性を健やかに育むため、愛と真心をこめた絵本を数多く発刊しております。このたび、おかげさまで『あめだま』を重版する運びとなりました。 この作品は小学校の教科書にも掲載されており、幼児だけではなく、…

奈良・京都旅行

4月7日〜9日で、知人と一緒に東大寺と醍醐寺を回ってきました。東大寺大仏殿では、知人にすすめられて昇り龍の柄が入った帽子を購入しました。 縁起も良く、家内が非常に気に入ってくれました。醍醐寺はちょうど、しだれ桜が満開で、大変美しく咲き誇って…

谷保天満宮

今日は国立市にある谷保天満宮へお参りしてきました。谷保天満宮には、学問の神様、菅原道真が祀られていることで有名です。 受験の時期は多くの方々がお参りすることと思います。新学期を迎え、子ども達は新しい環境で勉学に勤しんでいることでしょう。 に…

第21回GENBI小品展

第21回GENBI小品展(東京神奈川現代美術家連盟展)が町田市民ホールギャラリー(042-728-4300)にて2013年3月19日から3月25日まで開催されます。私も「三彩皿」「焼〆花入れ」「飴釉茶碗」などの陶芸作品を3点ほど出品しております。絵画、彫刻、工芸など美…

留学生との食事会

昨日、インドネシアからの留学生ご夫妻と食事をしました。 日本の大学で人類学を勉強していらっしゃいます。家内の節子も大学卒業後2年間イギリスに留学していたので、異国の文化に触れた者同士、話に花を咲かせていました。インドネシアは日本のような四季…

『幸福の王子』文・小野忠男 絵・井上ゆかり

私の書いた『幸福の王子』(原作:オスカー・ワイルド)の本を、ある教育出版社の方から小学校4年の道徳の教科書に掲載したいという旨の連絡を頂きました。 幼児のために作った絵本ですが「愛は人間を育てる」私の教育の考え方が基本にあり、それは幼児教育ばか…

『福沢諭吉』 文・小野忠男/相礒裕 絵・穂積和夫

にっけんの子どもたちに私の書いた『福沢諭吉』の絵本をあげました。 福沢諭吉は小さい頃から障子が破れていれば綺麗に貼り直したり、畳の破れも針と糸で直すような手先の器用な子でした。 今の子どもは生活が便利になり、手先を使う機会が少なくなりました…

お茶会 本多未歩先生

一月からにっけん本部の方々と一緒に、月一回お茶を習うことにしました。先生は、くにたち小野ビルの近くにある、古美術商「ほむら」経営者のお嬢さんである本多未歩先生です。床の間には藤原啓の花入れに、春を呼ぶ水仙と、アカメヤナギなど初春の花々。ま…

新年会

新年あけましておめでとうございます 今年は巳年、蛇は探求心と情熱の象徴として扱われるそうですが、世界の子どもたちにも是非、色々なことに探求心や情熱を発揮してもらいたいと思います。 さて、今年も小野家の新年会を催しました。 息子夫婦が都心に住ん…