「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の作曲者、大中恩さんの思い出の茶会

「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の作曲者、大中恩先生から、毎年、コンサートの招待状を頂き、妻の節子と楽しんできましたが、昨年の12月3日、大中恩さんが94歳でお亡くなりになり、今年は寂しく感じております。 くにたち小野ビルの茶室の名前を、「…

にっけん児童図書出版文化賞の思い出

1994年、児童文学、絵本文化の発展を願い、児童文学作家の松谷みよ子さんとご相談して、にっけん児童図書出版文化賞をつくり、3年に一度、児童図書の編集の分野で顕著な功績のあった編集者に賞をお贈りしました。 第1回は、偕成社の元取締役編集長で、『ま…

にっけん小野童謡文化賞の思い出

にっけんでは1999年に、童謡文化の発展を願い、顕著な功績のある作曲家の方に、にっけん小野童謡文化賞を贈ることになりました。第一回にっけん小野童謡文化賞を、童謡「たきび」「ふしぎなポケット」の作曲者の渡辺茂氏に、2004年に第二回にっけん小野童謡…

岸信介元総理大臣との思い出

左 小野忠男(37歳) 右 岸信介さん(86歳) 当時、現総理大臣の安倍晋三さんの、お父様の安倍慎太郎さんが外務大臣をなさっていた折、何かのお祝いの会があって、渋谷にあった安倍晋太郎さんのご自宅に、友人で医師の杉山正憲先生、奥様の仁子さん、お嬢様…

福沢諭吉の自立心と生活力

今回は、福沢諭吉と買い物についてお話させていただきます。 当時の侍、江戸時代末期では、自分で買い物に行くのは恥ずかしいという風習があり、暗くなってから頬かむりをして買い物にいったものでした。 諭吉はこの頬かむりが大嫌いで、自分の家のお金を使…

ソプラノ歌手 森野美咲さんの歌声を再びお聴きして感動!

昨年の12月1日に、NHK Eテレで「第87回日本音楽コンクールドキュメント」声楽部門で第1位の、森野美咲さんの歌声をテレビで拝見し、感銘を受けました。この3月7日は、「第87回日本音楽コンクール受賞者発表演奏会」が開催される会場の東京オペラシ…

児童文学作家 松谷みよ子さん、岩崎京子さん、宮川ひろさん、感謝の茶会

後列左 小野忠男 中央 相原法則さん 右 福田菊子さん 前列左 岩崎京子さん 中央 松谷みよ子さん 右 宮川ひろさん (2002年8月3日撮影) 今年も2月27日(水)に、児童文学作家の坪田譲治氏の書を掛軸として、「松谷みよ子さん、岩崎京子さん、宮川ひろさん、感…

『どんぐりと山猫』『ブタノくんのほしみがき』の絵本の動画を公開しました。

『どんぐりと山猫』(宮澤賢治/作 本間ちひろ/絵 にっけん教育出版社発行)は、宮澤賢治が生前に出版した、唯一の童話集『イーハトーヴ童話 注文の多い料理店』の冒頭におかれています。 どんぐりと山猫―宮沢賢治の童話絵本 作者: 宮沢賢治,小西正保,本間ちひ…

手先を使う生活を!

今回は福沢諭吉を通して、普段の家庭生活の中で、手先を使うことの大切さについてお話したいと思います。 福沢諭吉は手先が大変器用な子どもでした。障子が破れていれば、自分で綺麗に張り直したり、畳の破れも針と糸で直しましたし、箪笥のカギがなくなった…

まど・みちおさん、詩について語る

まど・みちおさん(当時90歳) 小野忠男(当時55歳) 2000年6月5日撮影 まど・みちおさんは、詩について、対談中に、こんなことも話されていました。 「なるべく人が使わない言葉を使いたいですね。新しい擬音で、しかも、しっくりいくものが良い。人によっ…

横綱 稀勢の里の引退表明を聞いて

大相撲の横綱、稀勢の里が現役引退を表明しました。 中学を卒業後、角界入りし、一心に稽古に励み、大関、19年ぶりの日本出身の横綱になり、怪我などもあり2年で土俵を去ることになりました。 ファンの一人として、心からお疲れさまでしたと、申し上げたいと…

まど・みちおさんのお人柄について

左 小野忠男 右 まど・みちおさん 2000年8月2日撮影今日は、まど・みちおさんのお人柄が良くわかる対談が収録されたお話を紹介します。まど 苦手な人はね、私が近づかないようにしてた。僕はね、なるべく人に会いたくない、1人の方が好きだった。引っ込み思…

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 今年のお正月は、妻の節子と、徳川家康が若き日を過ごした浜松城を訪ね、久能山東照宮をお参りいたしました。 子どもたちやご父母、先生方、にっけん全体の成功と発展をお祈りいたしました。 三日は、毎年恒例の小野家の新…

「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」の大中恩さん、逝去の報を受け

大中恩さん 小野忠男 (ホテルオークラにて) 「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」などで知られる作曲家の大中恩さんが94歳で亡くなる、との知らせを受け、驚きと悲しみに包まれております。今年の7月に、大中さんのコンサートのご招待券をいただき、家内…

小澤潔先生と書いた“福寿”の作品について

元国務大臣で、無二の親友の小澤潔先生とは、二人で書をたくさん書きました。 小澤先生が“福”、私が“寿”を、色紙、お皿、夫婦茶碗にも書きました。 夫婦茶碗 小澤潔先生 “福” 小野忠男 “寿”10年ほど、小澤潔先生と一緒に陶芸を習いましたが、小澤先生が“福”…

小澤潔先生と書いた“和敬清寂”の書

小野忠男 小澤潔先生 2011年のはじめに、無二の親友で元国務大臣の小澤潔先生と、“和敬清寂”の書を二人で書いて、茶席に飾ろうという事になりました。小澤先生が、“和敬”、私が“清寂”と書き、10本ほど掛軸にしました。 小野忠男 小澤潔先生 私は、子ど…

前田常作先生の書の魅力について

小野忠男 前田常作先生 小澤潔先生 写真は、仏画や観音マンダラなどで知られる、前田常作先生の作品展に、小澤潔先生と見に行った時の写真です。 「無」前田常作先生 前田常作先生に書いていただいた、「無」を額装にして、毎日の様に見ていますが、“無尽蔵”…

小澤潔先生、前田常作先生の書に感動!

小澤潔先生 小野忠男 前田常作先生 今朝、自宅を整理していましたら、友人で、元国務大臣の小澤潔先生の書、画家で、元武蔵野美術大学学長の、前田常作先生の書の色紙がでてきました。 私は改めて、小澤潔先生、前田常作先生の“書”に、感動いたしました。 「…

教え子の杉山京子さんの誕生祝の茶会

11月14日(水)に、にっけん小野ビル6階の茶室にて、教え子の杉山京子さんの誕生祝の茶会を催しました。 48年前、私が25歳の時に、伸芽会(創業者 大堀秀夫先生)の荻窪教室で教師をしていた時に通っていた生徒が杉山京子さんです。にっけんの第一期生…

ソプラノ歌手 森野美咲さん、おめでとうございます。

2018年10月26日の毎日新聞の記事より森野美咲さんは、私の伯母である静代さんが、岡山県の森野家に嫁ぎ、その曾孫にあたるお嬢様です。 美咲さんは、中学三年から声楽を始め、高校時代には、声楽を教えていた父啓司さんに師事、東京藝術大学音楽学部…

新美南吉の『でんでんむしのかなしみ』について

弊社出版の『でんでんむしのかなしみ』(新美南吉 作/、井上ゆかり 絵)の絵本が、この一週間で300冊以上の注文があり、大変喜んでおります。 皇后陛下の美智子さまが、第26回IBBYニューデリー大会(1998年)基調講演にて、「子供の本を通しての平和 …

まど・みちおさんの健康法と発想法 まど・みちお×小野忠男対談5

小野忠男 まど・みちおさん 小野 先生、算数とか理科とか得意でしたか? まど いやー、僕、全然ダメでしたな、僕、高校までしか出てないので。理科とか数学とか、幾何なんかはね、考えると分かるものは面白かったですね。代数みたいな、記憶しないとならんよ…

まど・みちおさんの創作力(絵と詩) まど・みちお×小野忠男4

小野忠男 まど・みちおさん 小野 あぁだから、先生の絵は図形的なんですね。 尾上 それとね、絵っていうのとまた違うかもしれないですけど、でも先生は緻密なところがおありだから、先生はきちっと考えておやりになっているんですよね。それと、イメージ、面…

父の思い出と孫たちの誕生祝い

(昭和25年1月8日撮影) 左から父、小野忠男(4歳)10月14日(日)17時半から鉄板料理「八王子うかい亭」で孫たちの誕生祝を致しました。 松茸料理が出たときは、ふと父(小野昌一)のことを思い浮かべました。私の父は旧郵政省の役人で家は貧乏でしたが、秋にな…

まど・みちお 子供の頃 台湾時代 捕虜の話 まど・みちお小野忠男3

小野忠男 まど・みちおさん 小野 まど先生は子どもの頃、班長とか級長とか、なったことがないんですって、目立たない子だったんですって。 尾上 まぁ、大人しいタイプでいらっしゃっるから。 まど 劣等生ですから、とにかく。 尾上 お歌が上手だから、お歌を…

まど・みちおさんが語る「ぞうさん」誕生の真実まど・みちお小野忠男

小野忠男 まど・みちおさん 2000年8月2日まど・みちお×小野忠男 「ぞうさん」の対談映像より まど ぞうさんについてはもう嫌になるほど聞かれてますね。別に特に深い意味はなくて、ただお鼻が長いというだけで、別に意味があるっちゅうわけじゃなかった。そ…

「ぞうさん」(まど・みちお作詞 酒田富治作曲)まど・みちお小野忠男

まど・みちお×小野忠男 「ぞうさん」の対談映像より 「ぞうさん」といえば、まど・みちお作詞、團伊玖磨作曲の歌が有名ですが、実は、それより以前に「ぞうさん」の歌を作曲したのが、酒田富治です。「ぞうさん」まど・みちお作詞、酒田富治作曲がありました…

友人 五十野惇先生 傘寿の祝いの茶会

8月29日、友人 五十野惇先生の80歳の誕生祝の茶会を、くにたち小野ビル茶室で催しました。 今回の掛軸は、「清流無間断」です。 −清い水の流れはとどまることなく続く、人生も、また− 五十野惇先生は、NHKテレビ「おかあさんといっしょ」「なかよし…

『セロひきのゴーシュ』宮澤賢治作の動画を公開しました

最初上手くセロをひけないゴーシュが、毎夜訪ねてくる動物たちと共にセロをひくうちに、みんなに感動を与える演奏ができるようになったというお話です。 教育学的にいうと、これは ”自学自習” の精神を現しているといえるでしょう。美術教師の片山有美子さん…

カナダの大自然の美しさに感動して

6月22日〜28日まで、妻の節子とカナダを旅行しました。 写真のようにカナダの大自然、湖の色の美しさに感動しました。 ナイアガラの滝では、水の流れの雄大さ、力強さに圧倒されました。 左:小野忠男 右:小野節子 昨年はイタリア、それ以前にもニューカレ…