「ぞうさん」(まど・みちお作詞 酒田富治作曲)まど・みちお小野忠男

まど・みちお×小野忠男 「ぞうさん」の対談映像より
ぞうさん」といえば、まど・みちお作詞、團伊玖磨作曲の歌が有名ですが、実は、それより以前に「ぞうさん」の歌を作曲したのが、酒田富治です。「ぞうさんまど・みちお作詞、酒田富治作曲がありました。
まど・みちおさん(当時90歳)と私は、2000年8月2日に、「ぞうさん」について、お話しました。

映像の通り、まど・みちおさんは、依頼を受けた時のことを、次のようにお話しておられます。

幼児教育家の酒田富治が、まどさんに幼児向けの詩を書くよう依頼しました。

「酒田富治さんっていう 尾山台小学校の先生がいらっしゃって、その人が音感教育をしておられた。絶対音感だとか何だとか、やかましく言ってるんですよね。2、3年前からね。それはその人がやっとったんですよ。・・・
全然私は何も知らないからね、もう私が編集にはいっとったんですけどね、何も知らんくせに、そしてあの音楽の方の作曲をやってもらいたいんだけど誰が良いでしょうか?って言ってね、顧問をやっとた山下俊郎先生っちゅうもんがいたんですけどその人から聞いたんです。
そしたら、その人が「酒田富治さんという人がいますから。」とおっしゃったんです。
それでその人に作曲してもらうことになったんだけれども。その人がね、もうごく幼い子ども、赤子に毛が生えたくらいの子どもにね、作品集を作るって言うから私に「(詩を)書いてくれ。」っておっしゃったんですけれども。それで頼まれて、私はずーっと書かないでいたんだけれども、ある時会社(国民図書刊行会)から帰ってふと思ってね、ぱーっと書いたんです。5編ほど。それでその中の1つが「ぞうさん」なんです。翌日の朝ね、それをはがきに5編書いてね、その人に送ったんですけど。」
とおっしゃっています。
そして、酒田富治が作曲したのが、「ぞうさん」(まど・みちお作詞、酒田富治作曲)の歌です。

NHK番組「おかあさんといっしょ」、「なかよしリズム」の元ディレクター、東京家政大学元教授として知られる五十野惇先生が、皆さんに分かりやすいように、酒田富治作曲の「ぞうさん」のメロディーを映像化してくださいました。

ご興味のある方は、以下のリンクから最初にできた童謡「ぞうさん」の歌の映像をご覧になってください。

小野忠男        まど・みちおさん   

ぞうさん」の対談映像

「ぞうさん」(まど・みちお 作詞 酒田富治 作曲)消えた幻の童謡「ぞうさん」はじめは、團伊玖磨ではなく、酒田富治が作曲